健康のために知っておきたい!生活習慣病の原因と予防対策

糖尿病や高血圧症、心臓病といった生活習慣病は、時には命にも関わるケースもあり放置しておくのは危険です。

油断できない生活習慣病において、その原因と予防方法について考えていきましょう。

・生活習慣病の原因

1.偏った食事

好き嫌いが多い人や外食やインスタント食品に頼っている人は、生活習慣病にかかりやすくなる傾向にあります。

なぜなら偏った食事は健康のために必要な栄養が摂取できませんし、塩分を摂り過ぎることが多いからです。

また不規則な生活により食事の時間が乱れたり暴飲暴食が続いたりすることで、病気が発症する場合もあります。

栄養不足

外食や出来合いのお惣菜、インスタント食品が増えると、野菜不足に陥ります。

野菜を食べずにいると、ビタミン類やミネラル、食物繊維といった成分が不足してしまいます。

ビタミン類はウイルスやアレルギーに対する免疫力を高めるためにも必要不可欠です。

ミネラルは身体の組織が正常に働くために重要ですし、食物繊維は腸内環境を整えて代謝を良くしてくれます。

これらの栄養成分が不足すると、疲れやすく抵抗力も落ちて、生活習慣病にかかりやすくなってしまうのです。

塩分や糖分の過剰摂取

例えばインスタントラーメンばかり食べていると、自然と塩分も過剰摂取してしまいます。

塩分を摂り過ぎると血圧が上昇することはよく知られているでしょう。

また甘いお菓子やファーストフードは、糖分や脂質の過剰摂取につながり、糖尿病や脂質異常症などを引き起こす原因になります。

暴飲暴食や喫煙

バタバタして朝食を抜き、夜遅くに食事をする生活では、内臓に負担がかかります。

また暴飲暴食も胃腸によくありません。

アルコールの過剰摂取は血液をドロドロにして、脳梗塞などが生じやすくなります。

アルコールと同じく喫煙も、心臓や血管に負担がかかり危険です。

2.ストレス

ストレスを溜め込むと血流が悪くなり、栄養分が全身に運ばれにくくなります。またストレスにより血圧が上昇することも分かっています。

ストレスから暴飲暴食に陥る人も多いですし、リラックスできない精神状態は免疫力も低下させて病気の原因となります。

3.不規則な生活

夜更かしが続いたり、休日1日中寝ていたりすると、身体のリズムが狂ってきます。睡眠不足では疲労が溜まる一方で身体の抵抗力も落ちて病気にかかりやすくなるでしょう。

4.運動不足

運動不足は血の巡りが悪くなり、体温も低くなります。低体温の状態では免疫も下がり気味です。また運動しなければ年齢と共にどんどん体力が落ちて、疲れやすくなります。

代謝も悪くなって内臓機能も衰えてしまうのです。

・生活習慣病の予防方法

1.食生活の改善

人間の身体は、食べたもので出来ているとも言えます。

生活習慣病を予防するためにまず行いたいのは、毎日の食生活の見直しです。

ビタミンや食物繊維を摂取

抗酸化効果を取り入れて免疫力をアップさせるためには、ビタミン類をしっかり摂りたいものです。忙しい人は野菜たっぷりの青汁を飲むことで、ビタミンや食物繊維を補うことができます。

不足しがちな栄養成分を補給

ビタミン以外にも、鉄分や亜鉛、カリウムなどさまざまな成分が健康のためには必要です。

こまつなやほうれんそう、ケールなどの野菜を使った青汁で、こうした成分が摂取できます。

2.適度な運動と規則正しい生活リズムを

継続して毎日運動することは、血管や内臓機能を健康な状態に維持するために大切です。

忙しくてウオーキングやジョギングができない人は、マイカーではなく電車通勤にして階段を利用するよう心がけるなど工夫をしてみましょう。

運動はストレス解消にもつながり、血流も良くなります。

また早寝早起きを心がけて規則正しい生活リズムにすると、自然と暴飲暴食も減ります。

しっかり睡眠を摂ることも、生活習慣病の予防につながるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする