腸内環境を制するものは健康と美容を制す!

健康や美容にとって、腸内環境を整えることはたいへん重要な要素です。

この記事では、腸内環境を整えることによって得られるメリットについての説明をしていきます。

そもそも腸内環境とは大腸内部の状態を指しているのですが、人間の健康を保つために大腸は非常に大切な役割を担っているといってもよいでしょう。

口から摂取した食べ物は、胃や小腸を通っていくあいだ、次第にドロドロした液体に変化していきます。

大腸に達した食べ物は、その内部で水分を吸収されてから便となり体の外へと排出されるのです。つまり大腸は便を作る役割を果たしています。

大腸内部には、多くの細菌が生息していますが、この細菌は腸の壁をまるで花畑のよう覆い尽くしていることから「腸内フローラ」と呼ばれています。

腸内フローラは「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の3種類に分かれていますが、この腸内フローラのバランスがしっかり取れていることが健康や美容と密接に関連してくるのです。

腸の状態が良く保たれていると便秘や下痢といった不調がなくなり肌荒れなどのトラブルが起こりにくくなることは、非常に大きなメリットと言えるでしょう。

腸内環境を良くすることで便やおならの臭いに悩まされることも減り、体が疲れにくくなったり代謝が良くなったりといった状態が保てることもメリットに挙げることができます。

腸内環境が乱れて腸内に便が長く滞留していると、悪玉菌と呼ばれる健康に悪影響を与える菌が増えてしまいます。

悪玉菌の出す有害物質が血管を通じて全身に回ることで、体が冷えたり頭痛や肩こりといった不定愁訴が起きてしまうのです。

腸内環境が悪い状態になると腸から栄養が吸収されにくくなるので、腸はより多くの栄養を摂取しようとしてしまいます。

これによって皮下脂肪や内臓脂肪がつきやすくなるという仕組みができてるわけです。

腸は体の排出器官の中でも最大のデトックス機能を備えているため、逆に言えばこの仕組みを理解して腸内環境を整えることで体内の細菌やウィルスといった有害物質を便としてスムーズに体外へと排出する仕組みを作ることが可能になるでしょう。

また腸は、迷走神経と呼ばれる感覚や運動を支配する脳の神経と繋がりを持っています。

腸はそういった免疫機能が集中した器官でもありますから、腸内環境を整える一番大きなメリットとして挙げられるのは、腸内を整えることで自分の健康を自分でコントロールができることでしょう。
反対に腸内環境が悪くなってしまうと大腸がんが発生する原因である物質を作り出してしまう可能性も出てきますから、よりよい腸内環境を保つためには適切な対策を取ることが重要になってくるのです。

そのためには腸内の善玉菌の比率を増やすことが必要になってきます。

ジャンクフードを控えてバランスの取れた食生活を送ることなどが重要で、代わりに腸内の善玉菌の栄養となるような食べ物を摂取してください。

例えば乳酸菌などの善玉菌を含んだ食べ物やヨーグルトや味噌のような発酵食品が、善玉菌の栄養になる代表的な食べ物となっています。

腸内の善玉菌そのものを増やすためには、食物繊維やオリゴ糖を多く含んだ食品を摂取することがお勧めでしょう。

食物繊維には水に溶ける水溶性繊維と水に溶けない不溶性食物繊維がありますが、善玉菌を増やすにはどちらの繊維も必要です。

水溶性食物繊維はあまり役に立たなそうなイメージもありますが、水に溶ける水溶性食物繊維を溶けないものの2倍多く取ることで腸の粘膜を保護することができるため、注意して両方の繊維を摂取してください。

大腸は食べ物を吸収するだけの働きをする器官ではありません。

腸内環境を整えることで、自分自身の健康と美容がコントロール可能になるというメリットを最大限に活かしていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする