むくみの原因と解消方法はこれだった

むくみは代表的な「足のむくみ」以外にも手や指などのさまざまな部位で起こりえます。

今回はそんなむくみの原因と解消方法について紹介していきます。

むくみの原理

むくみはとは血管外の水分が皮下組織に過剰に溜まっている状態をいいます。

本来なら心臓から体内に流れる血液は動脈を経由して生きていくうえで必要な水分や栄養を届けると同時に不要となった水分を生脈より体内に再循環させます。

しかし何かしらの原因で不要となった水分がうまく再循環出来ずに特定の部位に溜まってしまっている状態をむくみといいます。

むくみの原因

1:長時間の立ちっぱなし・座りっぱなし

立ち仕事をしている人なら仕事終わりには足がパンパンになっているという体験を一度はした事があると思います。

これは長時間、立ちっぱなしをしていると人体の構造上、重力により血液が足に溜まってしまう事が原因です。

同様にデスクワークで座りっぱなしでも立ち仕事程ではありませんが長時間、脚部が下の位置になっており、むくみやすいといえます。

2:運動不足

足の筋肉とむくみは大きく関係しています。

運動不足により足の筋肉が弱くなると血液を循環させる為のポンプ機能が低下してしまい、足に水分が溜まってしまうからです。

またポンプ機能が低下すると足先まで血液が届きづらくなり、冷え性や血行不良にもつながります。

3:塩分と水分の過剰摂取

塩分と水分を過剰摂取すると血液が過剰状態になってむくみが発生します。

人の体内は塩分濃度があらかじめ決められており、それ以上の塩分量を摂取すると塩分濃度を下げる為に水分を増やす事で血液が過剰になってしまうんです。

塩分が多い食べ物としては「漬物」「ハム」「ベーコン」「さつまあげ」「ラーメン」などがありますので、むくみやすい人は特に気をつけた方がいいでしょう。

むくみの解消方法

1:適度な運動習慣をつける

足の筋肉が鍛えられる事により血液を循環させる為のポンプ機能が上昇して、足に溜まった血液を心臓に戻してくれる働きをしてむくみづらくなります。

特に足のむくみは癖になりやすいといわれているので、まずは気が向いたときに1日10分のウォーキングなどからでも始めてみる事をおすすめします。

2:カリウムを豊富に含むものを積極的に摂る

むくみ対策として体内に溜まった余計な水分を排出する為にも利尿作用の高いカリウムを豊富に含むものを積極的に摂る方法があります。

カリウムを豊富に含むものとしては「スイカ」「きゅうり」「とうもろこし」「じゃがいも」「ほうれんそう」などが代表的です。

これらは普段の日常生活でも摂りやすいものでもあるので、むくみに悩む人は今までの食事にプラス1品として摂るようにしてみてください。

3:お風呂に20分以上、浸かる

お風呂に20分以上、浸かる事により血流を促進してむくみを解消します。

ただしこの時にお湯の温度が高すぎると睡眠に悪影響が出てしまう可能性もありますので、あくまでストレスがない適温にしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする