肌荒れの原因と解決方法を解説

肌荒れにはさまざまな原因がありますが、一般的には乾燥や生活習慣の乱れなどが代表的だといわれています。

今回はそんな肌荒れの原因と解決方法を解説していきます。

肌荒れの原因

1:腸内環境の乱れ

肌荒れと聞くとどうしても身体の外側に目が向きがちですが実は「肌は内臓の鏡」と呼ばれるくらいに身体の内側と大きく関係しています。

身体の内側の中でも特に腸は肌と密接に関係しており、腸内環境の乱れを引き起こしている事が原因で肌荒れになっているのかもしれません。

というのも腸内環境が乱れると腸内に存在する悪玉菌が有害物質を生み出して、その有害物質が血液中に流れ込んで皮膚にも到達して悪影響を及ぼす可能性があります。

特に便秘がちの人は注意が必要であり、便秘により本来なら排出されるべき老廃物や毒素が体内に留まっている状態だと腸内環境の悪化を加速させる恐れがあるんです。

2:偏った食事

肌と食事は大きく関係しています。

肌荒れに悩み人の中にはスナック菓子やファストフードを多く摂ってしまっている人もいますが、それらの食べ物はおすすめ出来ません。

というのもこれらの食べ物は塩分が多いものであり、塩分を過剰に摂取すると体内のナトリウム量が増えて体内の水分が失われて肌の乾燥につながってしまうからです。

他にもデザート類などのいわゆる糖分を多く含むものは体内での分解過程で皮膚の粘膜を補修したり肌代謝を促すビタミン類を消費してしまうのでおすすめ出来ません。

ただしたまに誤解されている「肉を食べると肌荒れにつながる」というのは間違いです。

たしかに過剰な脂分を摂ると肌荒れにもつながりますが、適度に摂る分には肉類の主成分であるたんぱく質が体内でアミノ酸に分解されて美肌作りの役に立ちます。

3:睡眠不足

肌は人が寝ている時に肌組織の修復や再生が行われます。

特に22時~2時までは「肌のゴールデンタイム」といわれるくらいに成長ホルモンが分泌される時間帯であり、このタイミングに質の良い睡眠が摂れないと肌荒れにつながる可能性があります。

肌荒れの解決方法

1:バランスの良い食事

肌荒れにはバランスの良い食事を摂る事で身体の内側から綺麗にしていく事がおすすめです。

効果的な栄養素はたくさんありますが、特に意識して摂って欲しいものとして

たんぱく質:大豆・牛肉
ビタミンA:人参・かぼちゃ
ビタミンB2:納豆・卵
ビタミンB6:鮭・ごま
ビタミンE:アーモンド・いくら
ビタミンC:レモン・いちご
亜鉛:牡蠣・牛肉
鉄分:ごま
カルシウム:小松菜・牛乳

などが代表的であり、普段の食事からこれらの栄養素を積極的に摂れるようにしていきましょう。

2:質の良い睡眠を摂る

肌荒れを解決する為には質の良い睡眠を充分に摂る必要があり、具体的な時間でいうと毎日、最低でも6時間以上は睡眠時間が欲しいところです。

ただ6時間以上の睡眠を摂るだけでなくて質の高い睡眠を摂ったほうがより高い効果が期待出来るので、睡眠前にはスマホやPCなどの睡眠の邪魔になるブルーライトを発するものを遠ざけて部屋を暗くして寝る事をおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする