アンチエイジングに取り組む人に知って欲しい3つの効果的な方法

人は加齢と共に身体の水分量が減ってしまってハリや潤いを失って肌の老化が起こります。

しかし加齢による肌の老化をそのまま放っておくのではなくて、年を重ねても肌の老化を抑えるアンチエイジングは出来ます。

今回はそんなアンチエイジングに取り組む人に知って欲しい3つの効果的な方法を紹介します。

1:食生活で気をつけるアンチエイジング

食事はアンチエイジングと大きく関係しています。

アンチエイジングに効果がある食べ物としては体の酸化を防ぐ「抗酸化作用」が高い食べ物であり、

「バナナ」
「かぼちゃ」
「人参」
「キャベツ」
「ブロッコリー」
「ケール」
「ニンニク」
「そば」
「大豆」

などが有名です。

特にバナナは抗酸化作用が高い食べ物として有名であり、豊富な食物繊維を含んでいて1日に1本摂れば充分だといわれています。

かぼちゃや人参などのいわゆる緑黄色野菜もカロチンという抗酸化作用が期待出来る成分を含んでいます。

その他にも紹介した食べ物はいずれも高い抗酸化作用が期待出来るものなので、普段の食事から積極的に摂るようにしたいですね。

2:運動が重要なアンチエイジング

運動不足は筋力低下や新陳代謝の低下を招いて身体の内側から老いを加速させていきます。

なので有酸素運動と無酸素運動の両方を習慣化させる事により身体の内側と外側のいずれも実年齢以上に若くなる事を目指しましょう。

ちなみに有酸素運動とはウォーキングやジョギングなどのように比較的、負担が少ない運動を継続して行う運動であり、無酸素運動とは腕立て伏せや腹筋などのように負担が大きい運動を瞬間的に行う運動をいいます。

これらの運動ではそれぞれ作用が違っており、

有酸素運動:肺などの心肺能力の強化及び汗を流す事により新陳代謝の促進
無酸素運動:上腕二頭筋、腹筋の強化及び基礎代謝の促進

という効果が期待出来るので、どちらもバランスよく鍛えていきましょう。

3:睡眠

睡眠は健康と美容のどちらにも大きく関係しています。

22時~2時までの間は肌のゴールデンタイムと呼ばれており、この時間帯は肌再生が促される成長ホルモンが最も分泌されやすい時間帯で肌のハリや弾力を維持する為には重要な時間帯だといわれています。

また運動によって代謝能力を上げた場合にも肌は睡眠中にターンオーバーが行われるので質の良い充分な睡眠時間が確保されないと充分なアンチエイジングは出来ません。

充実した睡眠を確保する為にはストレスや緊張状態ではなかなか難しいので、睡眠時間が取れていないと思う人にはアロマキャンドルやリラックス出来る音楽を聴いてみる事もおすすめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする