野菜不足が引き起こす病気と解消方法を解説

野菜不足は深刻な病気や症状を引き起こす事もあります。

特に現代日本人は野菜不足であり、野菜を積極的に摂るようにいわれています。

今回はそんな野菜不足が引き起こす病気と解消方法を解説していきます。

野菜不足が引き起こす病気

1:生活習慣病

生活習慣病とは「肥満」「糖尿病」「高血圧」などの事をいい、普段の生活習慣が大きく関係してくる病気や症状をいいます。

これらの病気や症状は野菜不足とも関係しており、野菜に含まれるビタミンやミネラル、食物繊維は生活習慣病に効果的な働きが期待出来るものですが、いずれも体内で生成出来ないので野菜を摂らないと補えません。

例えば、野菜に含まれるカリウムという栄養は塩分を体外に排出してくれる効果が期待出来ます。

なので野菜を日常的に摂る人なら多少、塩分を多めに摂ってしまってもカリウムの働きにより体外に塩分を排出してくれるので高血圧になる可能性を抑えてくれます。

しかし野菜を摂らない人は塩分を体外に排出する働きが弱くなるので、高血圧になる可能性は高くなってしまいます。

2:うつ病

実は野菜不足とうつ病は大きく関係していきます。

というのも最近の調査では野菜不足の人は緑黄色野菜に含まれる葉酸の摂取量が野菜を日常的に食べている人に比べて少ないという研究結果が出ているんです。

また他にも野菜に含まれているビタミンB6、ビタミンB12は精神を落ち着かせて健康な神経を維持する効果が期待出来る成分であり、野菜不足の人はこれらの成分を摂取する機会が少ないのでうつ病になる可能性は高くなってしまいます。

3:皮膚病・肌荒れ

野菜と肌が大きく関係している事は有名ですね。

野菜に含まれるビタミン・ミネラルが不足するとコラーゲンの生成や保持が上手く出来なくなります。

またビタミンやミネラル、食物繊維が不足すると便秘にもつながり、体内に毒素が留まる事でニキビや吹き出物として表れてしまいます。

野菜不足の解消方法

野菜不足は1人暮らしの社会人に多いといわれています。

その理由としては「仕事が忙しく、なかなか自炊出来ないので外食・スーパーやコンビ二の弁当で済ませているから」という意見が目立ちました。

なのでそんな忙しい1人暮らしの社会人でも野菜不足を解消する為にまずは外食・お惣菜でも毎食、野菜を摂るように意識する事から始めてみてください。

具体的にはファミレスやスーパーやコンビ二の弁当にサラダを一品追加したりですね。

あとはタッパーにレタスやブロッコリーなどの生野菜をそのまま詰めて昼食と一緒に食べるようにするだけなら手間も時間もかからないのでおすすめです。

他にもスーパーなどで販売されているカット野菜を使えば、そのまま食べても調理に使う事も出来るのでいいですよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする